DSC_5632

アンドレ・モレイラ氏所属の楽団が東京吹奏楽団コンクール決勝へ進出

アンドレ・モレイラ氏(22歳、東京在住、写真中央)は、都内でコンピューターグラフィックスを勉強する傍ら、コンピューターによる表現法だけでなく、誰もが愛する総合的な表現法である音楽にも専心する人物である。 

アンドレ氏は、板橋ウィンド楽団に所属し、そこでサックスを演奏している。同楽団は、去る3日、西新井文化ホールにておこなわれた、43の吹奏楽団が参加した、都内最優秀吹奏楽団を決めるコンクールで三位に入選した。

アンドレ氏の楽団は全国大会出場を目標としている。全国大会は、東京の最優秀吹奏楽団が選出された後、福岡でおこなわれこととなる。 

在京ポルトガル大使館は、アンドレとともに、板橋ウィンド楽団の団員の皆様の今般の受賞を心よりお祝いします。

近日中に、同コンクールの結果につき詳細を掲載したいと考えています。