12994382_1222684227749390_3035218774443583565_n

ポルトガルのクラウディア・ヴァレジャン監督による映画「AMA-SAN」の特別試写会が志摩市で27日に行われます。
作品は海女漁が盛んな志摩市の海女を密着取材した長編ドキュメンタリー。昨年のポルトガルにおける最大のドキュメンタリー映画祭 DocLisboa で最優秀賞のほか、国内外の様々な映画祭で受賞している作品です。27日当日は、来日する監督、出演した海女を交えたトークセッションも行われる予定。
「クラウディア・バレジャンさん(37)が監督した初の長編。海女に触れた詩に出合って、海女に強くひかれたクラウディアさんは、2014年5月に志摩市を訪れた。市内で最も多くの海女が漁を営む和具地区に泊まり、三橋まゆみさん(68)、小磯松美さん(76)、柴原真澄美さん(41)の3人の海女を主人公にした、ドキュメンタリー映画の撮影を始めた。
撮影は40日間にも及んだ。黒いウエットスーツを着込んで漁をする姿や、家族とのだんらん、大漁祈願や無事を祈る海女独特の信仰心や風習などをカメラに収めた。後継者不足で存続の危機に直面する現状にも焦点を当てた内容だ。母国で編集作業をし、2時間近い大作に仕上げた。
昨年の第51回カルロビバリ国際映画祭(チェコ)のドキュメンタリー・コンペティション部門で、スペシャルメンション(特別表彰)を授与されるなど、各種映画祭で高い評価を受けた。
里海を創る海女の会顧問を務める三橋さんは「見慣れた海女のいる風景が、外国人の目にどう映り描かれているのか、とても興味深い。撮影に打ち込んでいたクラウディアと早く会いたい」と心待ちにしている。
試写会は市と海女振興協議会の主催、ポルトガル大使館の後援で開かれる。上映後、海の博物館の石原義剛館長の司会で、クラウディアさん、三橋さん、塚本明・三重大教授、竹内千尋市長が海女について語り合う。入場無料。問い合わせは志摩市観光商工課(0599・44・0005)」(下記リンク記事より抜粋)
https://news.goo.ne.jp/…/mainichi_region-20170501ddlk240401…

志摩市イベント情報ページ http://www.satoumi-shima.jp/event/information/ama-san.html

映画については次のリンクをご参照ください。
http://claudiavarejao.com/ama-san