『ポルトガル短篇小説傑作選ーよみがえるルーススの声』刊行

ポルトガル短篇小説傑作選カバーomote

「現代ポルトガル文学選集」刊行! この度、ポルトガル大使館が現代企画室と協働し、すぐれたポルトガル現代文学を紹介するシリーズ「現代ポルトガル文学選集」を刊行する運びとなりました。 本選集は元ポルトガル大使館職員の緑川高廣氏の寄付金から設立されて同大使館が運営する1990年から2016年まで続いた「ロドリゲス通事賞」の基金から助成を受けて出版されます。 第1巻は『ポルトガル短篇小説傑作選 – よみがえるルーススの声』。 重鎮から新鋭まで、ポルトガル現代文学の魅力を存分に示す12人の作家たちによる珠玉の掌篇集となります。 *ヨーロッパ文芸フェスティバル会場限定で先行発売! 『ポルトガル短篇小説傑作選 – よみがえるルーススの声』(現代ポルトガル文学選集) ルイ・ズィンク、黒澤直俊=編 定価:2,200 円+税 2019年11月中旬発売予定 発行:現代企画室 ISBN978-4-77338-1905-2 本書に訳出されているのは、いずれもポルトガルの現代のフィクションの傾向をよく表す、価値ある豊かな作品である。 選ばれた作家たちに祝福の言葉を贈りたい。 そして、これから本書を読む日本の読者にも。 これらの美しい短篇を発見する特権はあなたの手にある。 —ルイ・ズィンク 掲載作品(全12編) 「少尉の災難 -遠いはるかな地で」 マリオ・デ・カルヴァーリョ 「ヨーロッパの幸せ」 ヴァルテル・ウーゴ・マイン 「ヴァルザー氏と森」 ゴンサロ・M・タヴァレス 「美容師」 イネス・ペドローザ 「図書室」 ドゥルセ・マリア・カルドーゾ 「バビロン川のほとりで」 ジョルジェ・デ・セナ 「植民地のあとに残ったもの」 テレーザ・ヴェイガ 「汝の隣人」 テオリンダ・ジェルサン 「犬の夢」 ルイザ・コスタ・ゴメス 「定理」 エルベルト・エルデル 「川辺の寡婦」 ジョゼ・ルイス・ペイショット 「東京は地球より遠く」 リカルド・アドルフォ 翻訳 上田寿美 京都外国語大学講師。共著に『プログレッシブポルトガル語辞典』(小学館) 木下眞穂 ポルトガル語翻訳者。訳書にパウロ・コエーリョ著『ブリーダ』(KADOKAWA)、ジョゼ・ルイス・ペイショット著『ガルヴェイアスの犬』(新潮社)など。 黒澤直俊 東京外国語大学大学院教授。著書に『キックオフ! ブラジルポルトガル語』(大修館書店)『言語学大辞典』(三省堂)など。 後藤恵 東京外国語大学大学院博士後期課程在籍。 近藤紀子 ポルトガル語翻訳家。訳書にルイ・ズィンク著『待ちながら』(而立書房)、フェルナンド・ペソア著『アナーキストの銀行家』(彩流社)など。 水沼修 東京外国語大学講師。

続きを読む →

カルチエミュジコ デュオコンセール 「ノートゥス・南からの風」

57162489_10156227777416931_3871318336172195840_n

カルチエミュジコは2001年から始まった室内楽シリーズ。弦楽器・管楽器などの編成で演奏機会の少ない佳作をとりあげ、後援を続けています。 今回はポルトガルのエマヌエル・ヌネスの作品を演奏。1964年、拠点をリスボンからパリに移し、音楽を探求した作曲家です。クラリネットとヴァイオリンのデュオの魅力を余すことなく伝えるコンサートです。

続きを読む →

イメージフォーラムフェスティバル ポルトガル映画特集

214879

9月14日~23日に東京のイメージ・フォーラム、11月8日~10日に愛知芸術文化センターで映画祭「イメージ・フォーラム・フェスティバル2019」が開催されます。 今年は「現代ポルトガル映画:語りの霊性」と題して現代ポルトガル映画特集上映があります。上映されるのは4人の映画監督の作品6本。たいへん貴重な機会です。 上映作品 ミゲル・ゴメス監督「アラビアン・ナイト」3部作 アンドレ・ジル・マタ監督「時間の木」 リタ・アゼヴェード・ゴメス監督「ポルトガルの女」 アヤ・コレツキー監督「30歳のとき、世界を廻った」  

続きを読む →

第3回ジョアナ・アブランシェス・ピント賞

ジョアナ・アブランシェス・ピント賞2019 ポルトガル大使館は第3回ジョアナ・アブランシェス・ピント賞を京都外国語大学ブラジルポルトガル語学科に授与することを決定いたしました。 「ジョアナ・アブランシェス・ピント賞」とは、ポルトガル大使館の元副領事ジョアナ・アブランシェス・ピント氏からの寄付金を基金とし、日本を拠点として活動し、特に文化面において両国の関係発展に著しく貢献し、顕著な功績を残した個人および団体を賞して在京ポルトガル大使館が授与するものです。 京都外国語大学ブラジルポルトガル学科は、学科創立以降半世紀にわたりポルトガルおよびポルトガル語についての研究の発展に多大な貢献をされ、日本ポルトガル関係史、ポルトガル文学、ポルトガル言語学などについての研究成果を多くの教員のみなさまが発表してこられました。 また、大学におけるポルトガル語教育に力を注ぐいっぽうで、日本におけるポルトガル語学習の普及にも努めてこられました。大学間交流を行なうほか、外国語としてのポルトガル語検定試験(CAPLE)をポルトガル政府と協働して行ない、日本における唯一の同検定試験場として毎年試験を実施しています。また、昨年第36回を数えた全日本学生ポルトガル語弁論大会を毎年開催し、成績優秀者2名はカモンイス国際言語協力機構の奨学生としてポルトガルの大学で1年間学ぶ権利を与えられています。 以上の業績を鑑み、また学科の創立50周年を記念して、ポルトガル大使館は京都外国語大学ブラジルポルトガル学科にジョアナ・アブランシェス・ピント賞を授与することと決定しました。

続きを読む →

EU フィルムデーズ

今年もEU フィルムデーズが開催されます。 ポルトガルは3本の短編を上映し、東京ではアフタートークを行ないます。 https://eufilmdays.jp/ 上映作品 *『ウォーターパーク』 アナ・モレイラ監督 『熱波』(ミゲル・ゴメス監督)、『ポルトの恋人たち 時の記憶』(舩橋淳監督)に主演、日本でも人気を高めている女優アナ・モレイラの初監督作。ヴィラ・ド・コンデ短編映画祭で最優秀作品受賞のほか各国の映画祭でも招待上映されている作品です。 *『恐怖の設置』リカルド・レイテ監督 2017年のヨーロッパ文芸フェスティバルに登壇した親日家の作家、ルイ・ズィンクの小説が原作。 国の法律で各戸にひとつ恐怖が設置されることになったら…。息もつまるホラー短編。 *『いかにしてフェルナンド・ペソーアはポルトガルを救ったか』ウジェーヌ・グリーン監督 『熱波』(ミゲル・ゴメス監督)主演ほか、2014年にポルトガル大使館主催の「特別上映カルロト・コッタと現代ポルトガル映画」で来日もしている俳優、カルロト・コッタがフェルナンド・ペソーアに扮する。 ペソーアが考案したコカ・コーラの宣伝文句が検閲にあい、以降約半世紀、ポルトガルではコーラの輸入が禁止されたという知られざる史実をもとにした映画。異名のアルヴァロ・カンポスも出演。共演はマノエル・デ・オリヴェイラ監督作品の常連、ディオゴ・ドリア、映画監督マヌエル・モゾスなど豪華。編集はオリヴェイラ作品に長くかかわったヴァレリー・ロワズルー。 アフター・トーク(東京・国立映画アーカイブのみ) 6月8日(土)16:00上映後 澤田直(『ペソア詩集』思潮社、立教大学教授)と渡辺一史(ポルトガル大使館) 6月11日(火)19:00上映後 岡田秀則(国立映画アーカイブ)と木下眞穂(上映作字幕翻訳・ポルトガル大使館) 京都府京都文化博物館 6月27日(木)13:30~ 6月30日(日)17:00~ 広島市映像文化ライブラリー 7月13日(日)18:00~

続きを読む →

カルチエミュジコ デュオ コンセール 「ノートゥス・南からの風」

57162489_10156227777416931_3871318336172195840_n

カルチエミュジコ デュオコンセール ノートゥス・南からの風 カルチエミュジコは2001年から始まった室内楽シリーズ。弦楽器・管楽器などの編成で演奏機会の少ない佳作をとりあげ、後援を続けている。 今回はポルトガルのエマヌエル・ヌネスの作品を演奏。1964年、拠点をリスボンからパリに移し、音楽を探求した作曲家です。クラリネットとヴァイオリンのデュオの魅力を余すことなく伝えるコンサートです。

続きを読む →

ジャンガダ・デ・ペドラ 日本公演

JANGADA-DE-PEDRA-zamora-ocio-avalon-cafe

ジャンガダ・デ・ペドラ JANGADA de PEDRA: ヴォーカリスト Mili Vizcaíno (ミリ・ビスカイーノ)とピアニストRui Filipe(ルイ・フェリペ)のジャズデュオが5月11日から16日まで関西、関東で初の日本ツアーを開催します。 ジャンガダ・デ・ペドラは「石のいかだ」という意味。観客をエモーショナルな旅へと連れ出す冒険へ、ご一緒に。

続きを読む →

『ガルヴェイアスの犬』第五回日本翻訳大賞受賞

ガルヴェイアスの犬

「日本翻訳大賞」とは、毎年12月1日~翌年12月末日までの13カ月間に発表された翻訳作品中、最も賞賛したい作品に贈る賞です。公もしくは企業からの資金援助を受けず、クラウドファンディングや寄付など一般読者の支援を受けて運営し、選考にも読者の参加を仰ぎます。選考委員は文芸翻訳の第一人者である金原瑞人・岸本佐知子・柴田元幸・西崎憲・松永美穂の各氏。 2017年12月1日から2018年12月31日までに日本語に翻訳された公刊物から、ウェブ上で一般読者の推薦を仰ぎ、上位10冊を選出。その後、選考委員がそれぞれ1冊ずつ推薦本をあげて合計15冊が2次選考に進みます。その後、選考委員による2次選考、最終選考を経て大賞が1作品もしくは2作品決定します。 今年度の第五回日本翻訳大賞には、木下眞穂訳のポルトガルの作家ジョゼ・ルイス・ペイショットの邦訳『ガルヴェイアスの犬』(新潮社)が選ばれました。(同時受賞にウィリアム・ギャディス著、木原善彦訳『JR』・国書刊行会) 同賞にポルトガル語を原作とする作品が受賞するのは初めてのことです。  

続きを読む →

イザベル・カラード「やまのてオペラ2019」に出演

20190420jpa

2015年から毎年来日しているチェンバロ奏者のイザベル・カラードさんが「やまのてオペラ2019」に参加します。 4月20・21日「やまのて音楽祭2019」やまのてオペラ W.A.モーツァルト作曲 オペラ「見てくれの馬鹿娘」K.51(全3幕) 4月20日公演 https://www.facebook.com/events/350636338999071/ 4月21日公演 https://www.facebook.com/events/381885872374884/

続きを読む →

藤原 暢子写真展「北へ IV -ポルトガルの村祭 -」

52861793_2201468219909831_1611833911166369792_n

ケルトの流れを汲むという古い伝統を守るポルトガル北部の村祭りを藤原暢子さんが写真に収めました。普段は観光客もめったに訪れないような、小さな村々のお祭りです。 「今回は、たくさんのロスカを使って「Charolo(シャローロ)」というおみこしを作り上げる、Outeiro(オウテイロ)村の祭「Festa do São Gonçalo」を取り上げます。「準備から祭ははじまっているのだ」と、そう思わせる人々の表情をお伝えできたら幸いです。」 3月21日(木)~4月1日(月) 場所:フリースペース緑壱 (東京都墨田区緑1-8-3) https://www.facebook.com/events/245589796321713/  

続きを読む →
Page 1 of 1912345...10...Last »