Invest In Portugal Portugal In Numbers Visit Portugal Portugal Statistics

「投資活動用在留許可」対ポルトガル外国人投資家用査証特別制度

04-aperto-de-mao resize

「投資活動用在留許可」対ポルトガル外国人投資家用査証特別制度 ポルトガルでの経済活動を行う外国人投資家は「投資活動用在留許可 (ARI)」の取得が可能となります 投資家にとって「投資活動用在留許可」取得は以下の利点をもたらします。  -ポルトガル領に入るための在留ビザの免除  -他国に在住しながらのポルトガル国内での在留・労働  -シェンゲン協定加盟国域内での査証なしの移動  -家族呼び寄せ制度の活用 ポルトガルにおいて5年間経済活動に従事した外国人投資家には、永住権を取得する機会が与えられ、6年間従事した投資家にはポルトガル国籍の取得を選択する機会が与えられます。

続きを読む →

お知らせ

ポルトガル大使館は2月19日(月)9時から15時まで、メンテナンスのため、電話が使用できません。この時間帯は、下記の各メールに御連絡ください。 代表部: geral@portugal.jp.net 領事部: consular@portugal.jp.net 文化部: ccp@portugal.jp.net

続きを読む →

第3回ジョアン・カルヴァーリョ展「半 / 複」

ジョアン

ポルトガルに縁の深い日本の各地でほぼ毎年、個展を開いているジョアン・カルヴァーリョさんですが、今回は東京で版画展を行います。動物たちの「半分」を見せる「横顔」、そして「複数」の作品を生み出せる版画のおもしろさを追求しました。 2月20日(火)~3月4日(日)14:00‐18:00(月休) B-galleryにて (3月3日・土 18:00 ~ 作家を囲むミニパーティあり) B-gallery: http://moru55.com/bgallery/?page_id=8

続きを読む →

「クラボでコラボ」2台チェンバロの音遊び

20180215jpa

日本、ポルトガル、ドイツで活躍するチェンバロ(クラボ)奏者、小原道雄さんと、ポルトガルから来日する同じくチェンバロ奏者のイザベル・カラードさんによるコンサート。2台のチェンバロでバロックの名曲を演奏します。 2月15日 宗次ホール ランチタイム名曲コンサート (名古屋) 2月16日 ノワ・アコルデ音楽アートサロン(豊中) また、2月17日には、ポルト音楽院チェンバロ科教員であるイザベル・カラードさんによるマスタークラスも行われます。チェンバロ、その他楽器及び声楽を用いたバロック音楽解釈のレッスン。ドイツ、フランスとはまた違う音楽の解釈を知る機会です。(場所:愛知県長久手市のウィークエンドスタジオにて) 申込・問い合わせは O’Haras ledothoil357@yahoo.co.jp まで

続きを読む →

ポルトガル投資セミナー 「変動するヨーロッパに於けるポルトガル - 今なぜポルトガルなのか」

Lisbon

昨今、政治経済の大きな変動が懸念されるヨーロッパにおいて、今注目を浴びるポルトガルの優位性、ビジネス・投資環境の最新情報について、来日するポルトガル国土計画インフラ大臣、外務省国際課担当副大臣がご紹介し、また、ポルトガルに拠点を持ちビジネスを展開する日系企業2社から事業拠点としてのポルトガルの魅力についてお話しいただきます。 今後の欧州事業、グローバル戦略の参考となる情報収集の貴重な機会です。 【セミナー概要】 ポルトガル投資セミナー 「変動するヨーロッパに於けるポルトガル - 今なぜポルトガルなのか」 <主催> ポルトガル大使館 / ポルトガル投資貿易振興庁 http://www.portugalglobal.pt/JP/ <後援> 株式会社三井住友銀行、日本貿易振興機構(ジェトロ) 日時:2018年1月30日(火)14:00~16:45 (開場13:30) 会場:三井住友銀行 東館 28階ホール 定員:150名(先着順) 参加費:無料 【プログラム】 14:00~14:05 開会挨拶: 駐日ポルトガル大使 Francisco Xavier Esteves フランシスコ・シャヴィエル・エステヴェス 14:05~14:30 変動するヨーロッパに於けるポルトガル -今なぜポルトガルなのか Pedro Marquesペドロ・マルケス(ポルトガル国土計画インフラ大臣) 14:30~15:00 ビジネスに於けるポルトガルの優位性 Eurico Dias  エウリコ・ディアス(ポルトガル外務省国際化担当副大臣) 15:00~15:15 休憩 15:20~15:50 ポルトガルに拠点を持つ日系企業の声①(調整中) 15:50~16:20 ポルトガルに拠点を持つ日系企業の声②(調整中) 16:20~16:45 質疑応答 *使用言語は日本語・英語・ポルトガル語。英語・ポルトガル語の講演については逐次通訳がございます。 *内容・講師等を予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。 お申し込みはこちらからお願いいたします。https://business.form-mailer.jp/fms/cb3063c080189  

続きを読む →

ヨーロッパ文芸フェスティバルが開催

flyer2017

ヨーロッパ各国の作家や翻訳者が日本の識者とともに朗読やレクチャー、対談、パネルディスカッションに参加する「ヨーロッパ文芸フェスティバル」が11月23日~26日に開催されます。EUの文化・文学の多様性を大いに感じられる祭典となることでしょう。 会場は、23日(祝・木)は終日、駐日欧州連合代表部のヨーロッパハウス、24日(金)は東京ドイツ文化センター、25日(土)は代官山蔦屋書店、26日(日)はアンスティチュ・フランセ東京。それぞれの会場からも「ヨーロッパ」を感じるのではないでしょうか! ポルトガルからは作家ルイ・ズィンク氏が来日。23日(木)午後3時から、ベルギー(フランダース)のリュック・ヴァンホーテ氏、日本の池澤夏樹氏とともに、それぞれが深くかかわってきた「文学選集を編む」ことについて語り合います。 英日の同時通訳も入りますので、お誘いあわせのうえお越しください。【参加無料・要事前申し込み】 詳細はこちらをご覧ください。https://eulitfest.jp/

続きを読む →

ルイ・ズィンク、ポルトガル現代文学を語る

ダウンロード

ポルトガルを代表する作家のひとりであるルイ・ズィンクが現代ポルトガル文学について語ります。 現在、ポルトガル大使館は出版社の現代企画室と協同して「現代ポルトガル文学選集(仮)」の刊行準備をおこなっています。ルイ・ズィンク氏には本選集のポルトガル側のアドバイザーを務めていただきます。 11月23日~26日の予定で、東京にて「ヨーロッパ文芸フェスティバル」の開催にあたり、当大使館はルイ・ズィンク氏を招聘し、登壇していただく予定です(23日)。 ズィンク氏来日を機に、当大使館による特別イベントを11月25日(土)に行います。 イベントは2部に分かれ、1部ではズィンク氏にポルトガル現代文学について語って頂きます。 2部では、予めお送りするズィンク氏による短いテキスト(ポルトガル語)を読んでご参加ください。これについて語り合います。 おおまかな逐次訳はつきますが、主な言語はポルトガル語となりますので、ポルトガル語中級以上の理解力が求められます。 なお、ズィンク氏が参加する「ヨーロッパ文芸フェスティバル」については後日、別途お知らせを告知します。 **** 日程: 11月25日(土) 時間: 1部)14:00~15:00「ポルトガル現代文学を語る」講演 2部)15:30~16:30 配布されたテキストの読書会 使用言語:ポルトガル語(中級以上) 場所: 東京都港区六本木(参加者に地図を送付) 費用: 無料 **** 申込方法: ccp@portugal.jp.net に、件名を「現代文学セミナー参加希望」とし、以下をご明記の上、「開封確認」付でご送付ください(開封確認の返事がない場合は再度ご送付ください)。なお、参加1名につき1通でご送付願います。 1)お名前、 2)ご住所、 3)当日連絡がつけられる電話番号 4)希望するセミナー:1部のみ or 2部のみ or両方。 5)ポルトガル語学習歴 申込期日:2017年11月18日午後11時59分まで送信されたもの * なお、申込者多数の場合、抽選にて参加者を決定させていただきます。 あらかじめご了承ください。

続きを読む →

領事部受付時間変更について

2017年7月15日より、受付時間は来館・電話受付ともに、平日9:30~12:30に変更されました。メールによるお問い合わせは随時受け付けております(consular@portugal.jp.net)。 ポルトガル国籍をお持ちの方に限り、緊急の場合は以下の番号およびメールアドレスにて24時間、年中無休で対応しています(ポルトガル語)。 Gabinete de Emergência Consular Telefone: 351-217 929 714 Telemóvel: 351-961 706 472 E-mail: gec@mne.pt

続きを読む →

Fado no Japão 2017

Fado no Japao Parte

Fado no Japão(ファド・ノ・ジャパン:Fado in Japanの意)は日本のファド文化の基礎形成に寄与すべく、ポルトガル大使館、リスボン市立ファド博物館協力のもと昔ながらのオーソドックスなスタイルのファドを歌い継ぐ若手歌手をリスボンより招聘し全国ツアーを行うプロジェクトです。 2017年の来日ファディスタはAndré Vaz(アンドレー・ヴァス)! リスボン市とファド博物館によるファドの外国人向けプレゼンテーションコンサート「Fado in Chiado」に毎晩出演する、実力とエンターテインメント力を兼ね備えた将来有望な若手男性ファディスタです。 2017年10月27日から11月5日の日程でコンサートツアーを行います。 詳細はこちらをご覧ください。

続きを読む →
Page 1 of 7012345...102030...Last »